成田空港第3ターミナル 施設・設備など

成田空港第3ターミナルはチープだけど充電用の電源やwi-fiも!口コミ・感想

2017/06/11

旅行、里帰りでよく成田空港第3ターミナルを利用します。

今回は、空港内の様子や感想、そして充電用の電源やwi-fiについてかいてみましたので参考にしてください。

第1ターミナルや第2ターミナルに比べてこじんまりとした印象です。

でも、LCC用としては結構いい感じでまとまっていると思います。

期待しないで行けば結構、楽しめると思いますよ♪

Sponsored Link

成田空港第3ターミナルってどんな感じ?充電用電源やwi-fiもある!

成田空港第3ターミナル、とにかく早めに着いておこう



第1ターミナルや第2ターミナルは電車で止まりますが、第3ターミナルに行くとなると空港第2ビル駅から15分ほど歩く、もしくはバスに乗って5分ぐらいかかります。
少し遠いところに作られているこの第3ターミナルは、施設も極限まで簡素化されています。そうすることで費用を抑えているらしいです。

私は国内便を使うことが多いので、LCCはとてもよく利用しています。

時期によってはかなり安いし、なにより新幹線に比べて早く着くことに魅力を感じます。なので、施設が簡素な作りであっても特に気になることはありません。

ただし、距離が遠い分、飛行機の出発時間までにはかなり余裕を持たせて到着することが必須です。

混んでいる時期には発券機やチェックインカウンターにかなりの行列ができていることがあります。

それに、早めに来ても案外十分に楽しめることができます。

 

成田空港第3ターミナルの充電施設やwi-fi



また、無印良品の家具を使っていることもあり、シンプルながら居心地の良い空間になっています。

なによりも嬉しいのはコンセントがあること。

充電を気にせずネットやアプリができるのはとても魅力的です。

さすが、無料のwi-fiもきっちり用意されているので、LCCといえども時間つぶしはばっちりです。

 
成田空港のwifi、電源コンセントの案内へ>>

 

成田空港第3ターミナル、搭乗前のショップ



免税店ぽいお店は、国内便で利用するだけなので、ブランドを買いたいという意欲はなく横目で通るだけです。

実際店に入っている方もあまり見かけない雰囲気です。

商品自体はシャネルやディオールなど有名な海外ブランドの取り扱いがあります。

電化製品などが売られているお店もあります。

そちらは、中国などの海外旅行者に向けたお店なのかな、と思います。

日本ではそれよりも安いお店があるので買うことはありません。

鞄のお店やコンビニ、本屋などもあって、買い忘れにいいかもしれません。



お土産は第3ターミナルでも取り揃えているので、東京駅などでわざわざ荷物を増やさなくてもこちらでじっくり選ぶことができます。

 

成田空港第3ターミナル、搭乗前のレストラン・フードコート



また、大型のフードコートがあり、宮武讃岐うどん、リンガーハット、フレッシュネスバーガー、洋丼屋ONE BOWL、ぼてぢゅう屋台、TATSU SUSHI、カフェベネなど多岐に渡る飲食店があります。

スーツケースも置けるようスペースがかなり広いので、1人でも十分に楽しめます。

私は1人でこちらのターミナルを利用することが多いのですが、ここに来ると必ずリンガーハットの長崎チャンポンを食べます。

私は女性なのですが、外ではなかなか1人ラーメンはできない性分です。

だけど、こちらのターミナルでは1人の方が多く、珍しくないので、存分に1人ラーメンを楽しむことができます。

寝てる方もいたりするので、皆自分の時間をそれぞれに楽しんでいるような雰囲気です。

たまには気分転換にカフェなどのお店で珈琲を飲みたいなと思うこともあるのですが、そこはLCC専用施設、許されることなのかなと思います。

逆に第1ターミナルや第2ターミナルではフードコートがなくレストランやカフェが独立してあります。

選ぶ楽しみもあるのですが、フードコートにすることで選ぶ時間が短縮され、その分自分の時間に当てられることがとても魅力的だと感じます。

 
※関連記事

成田空港第3ターミナルでご飯?時間に気をつけて!ランチや朝食はいいけど夕食は・・・

成田空港第3ターミナルで朝ごはんやランチ♪飲食店おすすめ情報

成田空港第3ターミナルの食事はフードコートで!レストラン情報!

-成田空港第3ターミナル 施設・設備など